【Aチーム】第42回全日本U12サッカー選手権大会

6年生の422日からスタートしたFAリーグ湘南地区予選前期、小和田はBグループに入りました。同グループのクラブが近隣会場という幸運に恵まれたこともあり、前期リーグは10戦全勝,1失点のみ。まずは守備をしっかりという戦術がかみ合い、絶好のスタートをきることができました。

続く9月からの後期リーグ、初日の2試合を1点差で2連勝して勢いに乗りました。その後も白星を重ねることができ、その中でも強豪クラブチームに競り勝てたことはチームにとって大きな1勝であり、記憶に残るゲームになりました。そして付いてきた結果は中央大会進出,72敗でグループ2位通過しシード権も勝ち取りました。湘南ブロック全86チーム中のトップ6に入る素晴らしい結果を残すことができました。

 

そして向かえた中央大会。会場は日産スタジアム隣の新横フットボールパーク。上位大会らしい緊張感ある会場でした。

対戦相手は横浜・黒滝SCさん、開始早々サイドから押し込まれる展開が続く中、ディフェンスの間をすり抜けたグラウンダーのシュートにキーパー反応できず失点。前半の終わりに10CBがパスカットからカウンターを仕掛け、右サイドに走り込んだ11SBにラストパス、キーパーとの11をしっかりと決める鮮やかなカウンターで1点返す!・・・が、後半早い時間帯のコーナーからの失点が響きました。その後の惜しいシュートも枠に嫌われペースを取り戻せず1-4で完敗。惜しくも3回戦敗退ベスト64で終了しました。

 

ベンチとしては、チームの進化と思いやってきたことが裏目に出てしまったかもしれません。チャレンジが結果につながらず、とても残念です。しかしこれもサッカー・・・(涙)

経験を重ねることの大切さと必要性、また、上位大会の競争の厳しさを改めて感じる結果となりました。この経験をチームの財産とし、悔しさを糧に次の県大会に繋げていこう!

 

今まで応援と手厚いサポートを頂きました保護者及び関係皆様、誠にありがとうございました。

残すところ約4ヶ月、前を向き頑張りたいと思います。

今後とも応援宜しくお願い致します。

 

IMAMU-C